logo

 証券外務員二種試験の問題集を販売・なんと合計1,000問以上でたったの1,000円
  お気に入りに追加
■ メニュー


証券外務員WEB問題集用語集さ行 > 相場操縦他

相場操縦

取引所などでの有価証券の売買において、価格形成を人為的に変えたり、固定したりする行為である。 このような行為は金商法により、禁止されています。

・出題が予想される科目

金融商品取引法


増益率

経常利益について、前年(前期)に対しての当年(当期)の伸び率のこと。
企業の成長性をみることができる指標のひとつ

式:増益率(%)=(当期経常利益/前期経常利益−1)×100

・出題が予想される科目

財務諸表と企業分析


増収率

売上高について、前年(前期)に対しての当年(当期)がどの程度伸びたかを表す数値。
売上高が前年よりどの程度増えたか、その伸び率のことである。

式:増益率(%)=(当期売上高/前期売上高−1)×100

・出題が予想される科目

財務諸表と企業分析


総資本回転率

その企業の総資本が、1年間の売上高に対して何回転するかを計った指標である。
資本が効率的に売上になっているかを把握するものである。
回転数は、高ければ高いほど総資本が効率的に活用されていると判断することができる。

式:総資本回転率=売上高/総資本(期首・期末平均)

・出題が予想される科目

財務諸表と企業分析


損益分岐点

売上高と費用とは同じになり、損益が0となる売上高(販売数量)のこと。
この損益分岐点を下回れば損失となり上回れば利益となる、経営にとって重要な数値

・出題が予想される科目

財務諸表と企業分析


損益計算書

財務諸表のひとつであり、企業の一定期間における利益どの程度得て、そのために費用をどの程度
払ったかを示して報告書である。
「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「当期純利益」などの区分で表し経営状態や成績を発表する。

・出題が予想される科目

財務諸表と企業分析


line