logo

 証券外務員二種試験の問題集を販売・なんと合計1,000問以上でたったの1,000円
  お気に入りに追加
■ メニュー


証券外務員WEB問題集用語集さ行 > 時間優先の原則他

時間優先の原則

日本の証券取引所(金融商品取引所)での証券の売買において、売買が成立する場合の
優先順位を決めるための原則
時間優先の原則は、指値における同じ値段の呼値では時間が先の呼値のほうが優先すること
もし、同じ時間になった場合は数量の多いほうが優先する。

・出題が予想される科目

取引所定款・諸規則


自己資本比率

企業の安全性をみる数値であり、企業の総資本に対する自己資本の比率である。
この数値が高ければ高いほどよいとされています。

式:自己資本比率(%)=自己資本/総資本×100

・出題が予想される科目

財務諸表と企業分析


資産運用会社

投資法人は自己で資産の運用する業務を行うことができず、必ず他に委託しなければなりません。
その資産運用を行うのが資産運用会社です。

・出題が予想される科目

投資信託及び投資法人に関する法律


資産保管会社

資産運用会社と同じく、投資法人は自己で資産の保管を行うことができず、他に委託しなければなりません。
資産保管会社は、資産の保管業務を行います。

・出題が予想される科目

投資信託及び投資法人に関する法律


私設取引システム(PTS)

通常、株式の売買(店頭取引などは除く)は証券取引所(金融商品取引所)を通して行いますが
証券会社が取引所を通さずに、株式の売買を行うことができるシステムのことを私設取引システムと
いいます。
証券会社独自が開設した電子取引システムであり、この業務を運営するためには
内閣総理大臣の認可が必要となります。

・出題が予想される科目

金融商品取引法/株式業務


指定替え

取引所に上場されている銘柄のうち市場第一部から第二部へ指定が替わること。
指定替え基準に該当した場合には指定替えされます。

・出題が予想される科目

取引所定款・諸規則


地場受け

証券会社(協会員)が、他の証券会社の従業員(外務員)から有価証券の売買等について
注文を受けること。
地場受けは禁止されています。

・出題が予想される科目

協会定款・諸規則


line