logo

 証券外務員二種試験の問題集を販売・なんと合計1,000問以上でたったの1,000円
  お気に入りに追加
■ メニュー


証券外務員WEB問題集用語集A〜W・数字 > PBR他

PBR

株価純資産倍率ともいい、株価を1株当たり純資産で除した数値。
企業の資産に対する株価水準をみる指標であり、PBRが1倍以下だとその企業が持っている資産の額より
株式の総額の方が安くなっているので、解散したほうが株主にとって有利な場合がある。
また、PBRが1倍であると、株価が解散価値と同等であるといえる。

式:株価純資産倍率=株価/1株当たり純資産

・出題が予想される科目

株式業務


PCFR

株価キャッシュフロー倍率のことであり、株価を1株当たりキャッシュフローで除して求める。
キャッシュフローとは現金の流れのことであり、生産や営業によって得ることができた現金とそれに伴う支出
であり、株価キャッシュフロー倍率のキャッシュフローには当期純利益に減価償却費を足したものが
利用される。
この指標はPERやPERなどと同じように、株式市場平均や同業他社、業界平均などと比べて割高か割安を
判断するために使われる。
キャッシュフローに着目しているので、企業の成長性などが判断でき
国際的な株価指標として利用されることも多い。

式:株価キャッシュフロー倍率=株価/1株当たり純資産

・出題が予想される科目

株式業務


PER

株価収益率のことをいい、株価を1株当たり当期純利益で除して求める。
利益に対して株価がどの程度買われているかを見る指標であり、株式市場平均や同業他社、
業界平均、過去のその企業のPERなどと比べて割高か割安を見ることが多い。
株価収益率がその企業が属する業界平均値と比較して高いときは
その企業の株価は割高であるといえる。

式:株価収益率=株価/1株当たり当期純利益

・出題が予想される科目

株式業務


ROA

総資産利益率のことであり、当期純利益を総資産(総資本)で除した数値である。
その企業の基盤とも言える総資産に対して、利益どのように効率的に使われているかをみる
ことができます。収益性の分析に使われる指標です。

式:総資産利益率(%)=当期純利益/総資産(総資本)×100

・出題が予想される科目

株式業務


ROE

自己資本利益率のことであり、当期純利益を自己資本で除して求められる。
その企業が企業活動を通して株主が投資額をどれだけ効率的に利益にしたかを判断するために
利用される指標である。
出資している株主にとっては重要は指標であり、一般的に金利水準よりROEが低い場合は
株主が出資する魅力が少ないと言われています。

式:自己資本利益率(%)=当期純利益/自己資本×100

・出題が予想される科目

株式業務


line