証券外務員WEB問題集

 証券外務員二種試験の問題集を販売・なんと合計1,000問以上でたったの1,000円
  お気に入りに追加
■ メニュー


証券外務員WEB問題集用語集か行 > グリーンシート銘柄他

グリーンシート銘柄

店頭取扱有価証券などの証券のうち、証券会社が日本証券業協会に対して届出を行った上で
その証券会社が継続的に売り気配・買い気配を提示している銘柄のことをいいます。
店頭取扱有価証券とは、日本の法人のうち日本で発行する有価証券で、取引所に上場されていないもの
のうち、証券会社が投資勧誘できるレベルで一定以上のディスクロージャーをみたしているものです。

簡単にいうと、取引所に上場していない一定レベルの銘柄で、証券会社が日本証券業協会に届出を行って
気配を提示しているもののことです。

・出題が予想される科目

協会定款・諸規則/株式業務


グロース株運用

投資したい会社の将来性を考えて、その企業の成長性を重視して投資を行う投資方法

・出題が予想される科目

投資信託及び投資法人に関する業務


クローズドエンド型(投資信託)

投資家が投資信託の買戻し(解約)を求めてもこれを保障しない投資信託のこと
これにより基金の減少が行われません。
この形の投資信託を換金する場合は、市場で売却するしかなく、売買価格は純資産価額
とは一致しないので、実際の価格が高かったり低かったりする。

・出題が予想される科目

投資信託及び投資法人に関する業務


クローズド期間

投資信託は換金(解約)できることが原則となりますが、一部の投資信託では換金できない
期間を設けている場合があります。この期間をクローズド期間といいます。
クローズド期間を設ける場合、大量に換金(解約)されることを避ける意味合いがあるため
投資信託によって違いはあるが、設定日から3か月〜1年以内が多い。

・出題が予想される科目

投資信託及び投資法人に関する業務


line