証券外務員WEB問題集

 証券外務員二種試験の問題集を販売・なんと合計1,000問以上でたったの1,000円
  お気に入りに追加
■ メニュー


証券外務員WEB問題集用語集か行 > 公開買付け他

公開買付け

不特定多数の者に対して、公告により条件などを提示して株券等の買付けや売付けの申込み
の勧誘を行って、市場外でその買付けなどを行うことである。
また、TOBともいいます。

・出題が予想される科目

金融商品取引法


公社債投資信託

広義の意味では、国債、地方債、コマーシャルペーパー、社債、国債先物取引など一定の投資対象に
限定される証券投資信託のことをいいます。
国債などを中心に、株式を一切組み入れない投資信託を公社債投資信託ということもあります。

出題が予想される科目

投資信託及び投資法人に関する業務


公募投資信託

不特定多数の人(投資家)を対象に販売される投資信託のこと。

・出題が予想される科目

投資信託及び投資法人に関する業務


国内委託取引(外国証券)

国内の証券取引所(金融商品取引所)に上場されている外国証券を取引すること。

・出題が予想される科目

株式業務


国内店頭取引(外国証券)

投資家と金融商品取引業者(証券会社)との間で行われる外国証券の取引。
外国証券の店頭取引であり、証券取引所に上場されていないものを対象としている。

・出題が予想される科目

投資信託及び投資法人に関する業務


固定長期適合率

財務の健全性に利用される指標であり、企業がその大きさにあった設備投資を行っているか
をみるもの。固定資産を自己資本・固定資産などで割ってその額を算出する。
また、この数値は100%以下が望ましく、低ければ低いほどよい。

・出題が予想される科目

財務諸表と企業分析


固定比率

長期的に利用される固定資産(土地や機械など)は自己資本で賄われるべきであるという
考えにおける指標で、固定資本を自己資本で除して求められる。
この比率は100%以下が良いとされている。

・出題が予想される科目

投資信託及び投資法人に関する業務


国庫短期証券

償還期限が1年以内と比較的短い、割引形式で発行される国債
政府短期証券と割引短期国庫債券を統合して国庫短期証券となりました。

・出題が予想される科目

債券業務/経済・金融・財政の常識


国民負担率

国民負担には、年金や健康保険料のような「社会保障負担」と国税・地方税などの「租税負担」がある。
この国民負担の国民所得に対する比率が国民負担率となる。
国民所得において、どれくらい年金や健康保険料、税金を払っているかをみるものであり
今後も増加がみこまれる数値である。

・出題が予想される科目

経済・金融・財政の常識


個別元本

追加型投資信託の各投資信託において、投資家(受益者)の課税上の購入価格(基準価額)のことです。
個別元本には手数料や消費税額などは含まれません。
投資家が複数の投資信託を購入した場合は、取得口数によって加重平均したものとなる。

・出題が予想される科目

投資信託及び投資法人に関する業務


コマーシャルペーパー

企業が無担保・短期で必要な資金を調達すつために発行される有価証券(約束手形)のことである。
機関投資家などに販売され、商品の特性上優良企業が発行できる。

・出題が予想される科目

債券業務/経済・金融・財政の常識


混蔵寄託契約

金融機関などが顧客から有価証券の寄託を受入れる場合に利用される契約のひとつ
混蔵保管とは、複数の投資家(顧客)から預った同一銘柄の有価証券を混ぜて保管し、返還する場合は
その混ざった混蔵物の中から寄託額によって行われる。

・出題が予想される科目

協会定款・諸規則


line