logo

 証券外務員二種試験の問題集を販売・なんと合計1,000問以上でたったの1,000円
  お気に入りに追加
■ メニュー


証券外務員WEB問題集用語集か行 > 契約締結時交付書面他

契約締結時交付書面

顧客との注文が執行し、売買成立した場合に顧客へ交付されるのが契約締結時交付書面です
金融商品取引業者は遅滞なく交付しなければなりません。

・出題が予想される科目

金融商品取引法/協会定款・諸規則/株式業務


契約締結前交付書面

金融機関(金融商品取引業者等)が金融商品取引契約を締結しようとするときに、交付する書面です。
金融機関はあらかじめ顧客に交付しなけれがなりません。

・出題が予想される科目

金融商品取引法


現先取引

債券の売買において、一定期間期間後に買戻す(売戻す)ことをあらかじめ決めておく取引である。
別名で「債券などの条件付売買取引」ともいう。期間は1日から数カ月のものまである。
この取引では、一定期間の利回りを決めてしまう仕組みになっている。

・出題が予想される科目

債券業務


権利落相場

株式分割や配当がある場合に、新株割当てや配当金を受ける権利が確定する日の翌日の相場のこと
株価はその権利分の価格だけ値下がりする。

式:権利落相場(株式分割の場合)=権利付相場/分割比率

・出題が予想される科目

株式業務


権利付相場

もっている株式に株式分割などがある場合に、新株が発行され新株割当権利を持った価格で取引されます。
その相場を権利付相場といいます。

式:権利付相場(株式分割の場合)=権利落相場×分割比率

・出題が予想される科目

株式業務


限界利益率

変動費とは、生産していくうちに変わっていく費用のことです。
限界利益とは、売上高から変動費を差し引いた額です。(利益と固定費を足した数でもある)
変動費を売上高で割ったものが変動費率であり、「1−変動比率」が限界利益率である。

・出題が予想される科目

財務諸表と企業分析


源泉分離課税

源泉徴収によって課税関係を終わり、確定申告を必要としない税金。
源泉分離課税には、銀行に預けて場合に付く利子に課税される「利子所得」などがある。

出題が予想される科目

証券税制


line