logo

 証券外務員二種試験の問題集を販売・なんと合計1,000問以上でたったの1,000円
  お気に入りに追加
■ メニュー


証券外務員WEB問題集用語集か行 > 経過利子他

経過利子

債券は売買することができ利子をもらうこともできます。
もし、債券を購入し所持している投資家が前回利払日から利払日までのすべての利子を受け取るとなると
債券を売った人は、利子を受け取ることができず、損になってしまいます。
そのとき支払われるのが経過利子です。

経過利子は、債券を買った側が売った側に支払い、その金額は直前の利払い日の翌日から受渡日まで
の期間に相当する額となります。
計算は日割りで行われ通常の場合、売買価格には含まれません。

・出題が予想される科目

債券業務


景気動向指数

景気の動きは色々のものから構成され、またたくさんの指標が存在します。
それぞれの指数には意味があり複雑になっているので、景気全体をみるのは難しくなります。
そのような問題から、景気動向指数は、たくさんの指数をまとめた総合的な指標です。

景気動向指数は「先行系列」「一致系列」「遅行系列」があり
現在は「コンポジット・インデックス(CI)」を中心としています。 この指標は内閣府が毎月公表しています。

・出題が予想される科目

経済・金融・財政の常識


経常利益

企業の本業でどれくらい儲けが出たかを表す営業利益から、営業以外で儲けた「営業外収益」を加え
営業以外の損失「営業外費用」を引いたものを経常利益という。

式:営業利益+営業外利益−営業外費用

・出題が予想される科目

財務諸表と企業分析


契約型投資信託

投資家から預かった資産を、信託財産として預り、運用の指図を行う委託者(投資信託委託会社)と
預った試算を運用する受託者(信託銀行)とが締結した契約に基づいて生まれた基金を受益権として
投資家が取得する投資信託のことである。

難しい言葉ですが、一般的に販売されている投資信託のほとんどが契約型投資信託となっています
投資家(受託者)と販売会社(金融機関等)、運用会社(投資信託委託会社・委託者)、信託銀行
(受託者)の4者によって成立する投資信託です。

・出題が予想される科目

投資信託及び投資法人に関する業務


line