logo

 証券外務員二種試験の問題集を販売・なんと合計1,000問以上でたったの1,000円
  お気に入りに追加
■ メニュー


証券外務員WEB問題集用語集A〜W・数字 > 1株当たり純資産他

1株当たり純資産

純資産とは企業の資産総額から負債総額を引いた金額のことでその純資産に発行済株式数を
除して求められるのが、1株当たり純資産です。「BPS」とも言われます。
その企業の安定性をみる指標であり、1株でどの程度の資産があるかを見るので
その企業の解散価値をみるために利用されます。
株価純資産倍率を求めるときにも利用される数値です。

式:1株当たり純資産=純資産/発行済株式数

・証券外務員 試験で出題が予想される科目

株式業務


1株当たりキャッシュフロー

その名前のとおり、一株でどれくらいのキャッシュフロー(現金の流れ)を生む出したかをみる数値。
「CFPS」とも言います。この数値は大きいほどよいとされています。
株価キャッシュフロー倍率を求めるときに利用されます。

式:1株当たりキャッシュフロー=キャッシュフロー(当期純利益+減価償却費)/発行済株式数

・証券外務員 試験で出題が予想される科目

株式業務


1株当たり当期純利益

その企業が発行する株式の1株でどの程度の利益が出たかをみる指標です。
「EPS」とも呼ばれ、この数値が高いほど収益力が高いことになります。
株価収益率を求めるときに利用されます。

式:1株当たり当期純利益=当期純利益/発行済株式数

・証券外務員 試験で出題が予想される科目

株式業務


line